むし歯治療

むし歯は初期のむし歯(初期う蝕)でない限り元には戻りません。 初期のむし歯は正しいプラークコントロールによって再石灰化(溶けた歯質が回復)する可能性がありますが、 実質欠損したむし歯に自然治癒はないのです。

ですから、早期に適切に治療することが大事です。

早期治療であれば一回の治療で終わりますが、神経に達しているむし歯ですと神経の処置をしなければならないこともあり、 何度も通院しなければなりません。
最終的に、詰め物をしたり、かぶせ物をしたりして治療終了となります。 詰め物やかぶせ物は製作方法や使用金属の種類によって、自費になるものもあります。

詳細はご相談ください。また希望される方には唾液の検査をして、むし歯リスクを測定します。

よくある質問

歯を削ったら損ではないですか?

 

1本の歯のむし歯治療に何回も通うのはなぜですか?

 

詰め物の色が、銀色のとき白色のときがあるのですがどうしてですか?

 

前歯にかぶせものをするとき、保険はききますか?

 

<むし歯治療>よくある質問を全て見る

PAGETOP